中医学と広東語の日々

chintau.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ウィズダム広東語学院( 28 )

ふと気づくと・・・くらいの速度だけれど実は・・・

広東語、相変わらずドリルや単語・言い回し・暗誦文の総復習を繰り返しています。

語学が上達したかどうかの実感って、ふだんは感じにくいです。
でも、ふと気づいたときに、「あれ?! ・・・もしかして・・・?!・・・? わぉ♪」

そんな感覚です。

すごーく地味です(笑)

最近実感したのは、広東語のラジオを聞いていてです。
あれ・・・?  結構聞き取れてません?ワタクシ・・・♪

総復習の繰り返しって、作業自体は何度も同じ問題を
スラスラ口をついて出てくるまで繰り返すという、ほんとやたらに地味だけど、
半年とか一年とかのペースで思い起こすと、
確実に進んでるなと実感できます。

とにかく手を緩めず、繰り返す・・・それが底力をつける最短コース!
これは田先生の受け売りですが、日を追うごとに実感しているので
やはり続けようと思います。

でね、続けるだけじゃなく目的があると張りが出るなと思っています。
今の目標は、香港中文大学のこのプログラムに参加すること。
※追記:「このプログラム」⇨ 「これみたいなプログラム」
今期募集は、色々な面で実行の条件が整いません。条件をクリアするのが、当面の目標となっています。
b0339133_09165503.png
日本でいうと、大学の市民講座みたいな感じのもので外国人も参加可能。

授業はもちろん全て広東語。

語学力も時間もお金も、今の私にとってはハードルが高いですが、
その時が来るまで、コツコツ積み重ねて行けたら、
実現も夢ではないと、日々の励みにしています。





ブログランキングに参加しています。

ぽちっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


☆薬膳レッスン・漢方セラピーは、
中医学サロン Linfa蓮花 http://www.cyuigaku-linfa.com へ。


[PR]
by chintau | 2016-09-28 09:25 | ウィズダム広東語学院 | Comments(0)

もちろん広東語も続けています

このところずっと韓国の旅行記事を載せていますが、
モチロン広東語も、レッスンに行ったり家で復習をしたりして続けています。

8月は、前倒しでレッスンを受けることができた為、
3週連続の夏休み。
…で、その間も怠けないようにと13.14.15.16課のドリルの総復習テストの宿題が出ていたり、今やっている22課のドリルもいずれあるテストに備えて復習、単語も新しく増えているのでそれも1日5個ずつくらい覚えています。
b0339133_06205995.jpeg

じゃあ韓国語は?というと、こちらも毎日1時間ずつくらいだけど、ぼちぼちやってマス。
まずは韓国語の全体像をつかむために、文字や発音の決まりごとを覚えつつ、単語も増やしつつ…。

8/31から始めて18日目、まだまだ読めない文字があるし、発音する時に前に来る文字によって音が変わったりなくなったりといった約束事も頭に入っていません。

わかる単語の量を発音を意識しながら覚える&増やすことをしながら、文法も取り入れつつ、耳から発音のCDや韓国のラジオ番組をスマホアプリで聞きつつ、脳に新たに韓国語の領域を作っていきます。

現役の学生の頃は、勉強が嫌い→嫌いだからやらない→やらないから成績が悪い→成績が悪いから自己嫌悪
といった悪循環がありました。

人生全体からしたら、勉強ができればいいってもんでも成績が良けれいいってもんでもないかもしれない。
でも、目の前にあることに取り組んで、結果新たなことを知る喜びや、やるべきことをコツコツ続ける大事さやそれを達成できた時の喜びや充実感を味わわずにいたのは、もったいないことをしちゃったなと思います。

ま、過去を悔やんでも始まらない。

毎日元気に目覚めて一日を始められることってとても幸せなことだと思うので、今日も目の前にあることにしっかり取り組んで、疲れたら休みつつ過ごしていきたいと思います。

みなさまも素敵なシルバーウィークを✨😊







ブログランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


☆薬膳レッスン・漢方セラピーは、
中医学サロン Linfa蓮花 http://www.cyuigaku-linfa.com へ。


[PR]
by chintau | 2016-09-17 05:57 | ウィズダム広東語学院 | Comments(0)

建物を解体する

折樓 chaak3 lau4 建物を壊す・解体する
※6/18 加筆:lau4 → 実際に発音する時は lau4* と2声に変調が多いらしいです。

まさに今日通りかかったところ、こんなになってました。
b0339133_19133183.jpeg

ふと見たものを広東語では何というか考えるのも、単語の復習になるかも。


[PR]
by chintau | 2016-06-17 19:11 | ウィズダム広東語学院 | Comments(2)

環遊世界

年末年始の映画授業で出てきた「環遊世界 waan4 yau4 sai3 gaai3」という単語。

直訳すれば「世界周遊旅行」といった意味ですが、死去の意味もあるそうです。

死んじゃった「死咗 sei2 joh2」ではあまりに直接的すぎるから、こうすることで
ワンクッションできる表現になると。

広東語って、最初の頃のイメージは、何となくポンポンなんでもはっきり言ってしまう
そんなイメージを持っていましたが、勉強が進むにつれ同じような意味でも
微妙なニュアンスの違いがたくさ~~んあるというのを実感しつつあります。

細かな感情表現をもっともっと知っていきたいです。

[PR]
by chintau | 2016-06-08 11:11 | ウィズダム広東語学院 | Comments(0)

広東語版 掛け算の九九

頂き物のmade in Hong Kongのノート♡
ふと裏をみたら、

《九因歌(広東語版 掛け算の九九)》が
印刷されてるではないですか!
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

懐かしい…。
ウィズダム広東語学院に入って1年目に覚えました。

声調あやふや、九九も数字はもちろん広東語だから、それもおぼえなくちゃで、あっぷあっぷしてました。

b0339133_21315695.jpeg

[PR]
by chintau | 2016-06-05 21:24 | ウィズダム広東語学院 | Comments(0)

口がよく回るようになるために

ラジオやyoutubeの香港の番組などで耳にするネイティブの広東語は、
ポンポンとテンポがよくとても速いです。

せっかく勉強しているのだから、あのリズムと速さにちょっとでも近づきたいなぁ・・・。

前回の暗誦文テストのとき、まだまだ全部はとてもですが、
最初の頃と比べたらかなりテンポよく出てくるようになってきました。(先生曰く「機関銃のよう」)

文を暗誦してすらすらずーっとよどみなく言えるようにしていくのって、
口が良く回るようになるのに、とても有効な練習方法なのではないかと確信しつつある今日この頃。

もちろん、講師の田先生はそんなこととっくにお見通しだからこそ
何度も根気よく「今までやった暗誦文全てスラスラ言えるまで習熟度を上げるのですよ!」
とおっしゃっているのだと思いマス・・・(先生、気づくの遅くてごめんなさい。)

知っている文なら、しっかり覚えてしまえばスラスラ言えるし、
スラスラ言える イコール 口がよく回っている状態になる。

また、課が進むにつれて覚えた状態の暗誦文も量が増えていきます。
「量」も脳の広東語領域を広げてくれるというのが納得できます。

学院に通い始めた頃は、暗誦文のテストが終わるとほっとしてしまって、そこで終わり。
何かの折に先生から、
「ここは3課の暗誦の後ろの方で出てきた表現ですけれど、覚えてますか?」
「え・・・!? あ・・・あ・・・忘れました・・・。」
「ちゃんと1課から今までやった分全て、スラスラ反射的に口をついて出てくるレベルまで
持っていくのですよ~~。」

このようなやりとりは、すでに数回・・・(汗)・・・。
1年半くらい過ぎてからようやく実行に移しました。
大量の単語やドリルのテストが相次いでいて精いっぱいで・・・いえ、言い訳です(汗)
心の中で、「私がそんなたくさん覚えられるはずがない。」ってやる前から
決めてしまってました。

1年半かけて、今は何とか1課から10課まで、ほぼ完全に暗誦できるようになりました。
まんざら「たくさん覚えられない」と決めてかからなくてもいいのかも・・・。

それと同時に、練習の段階で、「今私はどの高さで音を出しているか」「長母音か短母音か」、
最後が「p・t・k」なのか、「m・n・ng」かなども一つ一つ確認していくことも大事だと思います。

最初からずっと続けていこうとは考えていませんでしたが、
なんせこの歳になると時間のたつのがものすご~~~~~く早く感じられるので、
あっという間に時がたってしまったという感じです。

だから、これからもあまり深く考えたり、何度やっても覚えられなかったらどうしようとか
考えないで、とにかく枠をとっぱらって限界を勝手に決めないでいくほうが、
後々後悔しないかな?って思っちゃってマス。


[PR]
by chintau | 2016-06-03 10:37 | ウィズダム広東語学院 | Comments(0)

1日1個のりんごで医者いらず

子供の頃、母が私にタイトルの言葉を教えてくれました。

広東語にも同じ意味の表現があり、以前授業で出てきて、フムフムと思いました。

「一日一個蘋果,醫生遠離你」
yat1 yat6 yat1 goh3 ping4 gwoh2, yi1 sang1 yuen5 lei4 nei5

私はもともと小さい頃から虚弱体質で、今だって気をつけていないと、体調を崩してしまいます。

でも、どうもまわりの人達からは、気力溢れる元気なおばさんに見られているようでして…。

いつだったかは広東語の田先生にも「見るからにやる気の塊みたいなヒトですから」なーんて言われちゃいました(笑)

見た目は穏やかで淡々としている…でも実はパワフル。そんなふうに、いつも静かに燃え続けている人になりたいと思っているのだけど、理想と現実にはギャップがありますσ(^_^;)

⬇︎りんごといえば、先週からハマりまくっている、りんごとパンのココナッツオイル焼きです。美味しすぎます♪
b0339133_20190559.jpeg


[PR]
by chintau | 2016-05-29 19:51 | ウィズダム広東語学院 | Comments(2)

次回もテスト

週末は広東語レッスンに行き、予定通り暗誦文のテストを受けました。

途中何度か「えーと…次の文は何だっけ?」となりましたが、その後思い出し何とか終わりました。
これからしばらく毎日暗記、反射的にスラスラ淀みなく口をついて出てくるまで暗誦を繰り返します。
だって、せっかく苦労して長文を覚えたのですから、今のうちに繰り返しておかないともったいないデス。

次回は、先週終わったドリルの復習テストです。

この1週間かなりあったプレッシャーからしばらく解放されたくて、正直またテストかという思いもないと言ったらウソになりますが、期限が決まっていることで勉強は捗るので、レッスンを辞めたくないならやるしかありません(笑)



[PR]
by chintau | 2016-05-23 11:17 | ウィズダム広東語学院 | Comments(0)

愚直に繰り返す

今週取り掛かっている暗誦文、おとといの夜に全体がひととおり頭に入り、
昨日今日と、一気に言う練習をしています。

まだまだ数か所ひっかかって「えーと、あらら・・・頭真っ白。」
文字を見て、「あぁ、そうだったそうだった!」となっています。

引っ掛かる場所は、後ろの方。
ということは、前の方より覚えるのが後だったから、記憶も浅い。
だからひっかかるということではないかと思います。

「愚直に繰り返す」

学院の田先生からも何度か伺っていますし、語学を学習されている方のブログでも
何度か拝見しています。

地味だけど、やはり王道と実感するので、このやり方を続けて行こうと思っています。

[PR]
by chintau | 2016-05-20 08:32 | ウィズダム広東語学院 | Comments(0)

あと残り1ページ

広東語の暗誦文暗記、5ページ目の半分まで来ました。
覚えられると思えば覚えられる。
ダメだと思った途端に、脳が回路を閉じてしまうのかな?

ま、今はとにかく自己暗示でも何でもいいから、全文覚えきりたいです。

今子供が帰宅して、晩ご飯なに〜?お肉がいいなぁ、できれば唐揚げとか言ってきて、それに対して軽くイラっと来てしまいました。彼女の言動に、全く怒る必要はないのに。私自身の問題。心の余裕がなくなってきた証拠。

よし、ちょいと筋トレしに行って帰りにお肉も買ってきます。クールダウンながら機嫌よく行かないとねー^_^

[PR]
by chintau | 2016-05-18 16:17 | ウィズダム広東語学院 | Comments(2)
line

中医学養生・広東語学習・香港旅を綴っています。


by chintau
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31