中医学と広東語の日々

chintau.exblog.jp ブログトップ

2017年 03月 29日 ( 1 )

やはりいつも「今」から始まる

昨日の続きです。

がっくりした気持ちに浸っている時間はないので
すでに立ち直っております(笑)

不合格となった敗因は何か、そして
「ではどうするか」を考えました。
今思いつくのは、

・文に出会う量がまだ足りないから問題集を解く
・単語の用法が曖昧であるから調べてノートにまとめながら覚える
・毎日人民日報を読みわからない単語は調べすっきり意味が解るまでにする
・簡体字がすらすら読めるようになる(だいぶ読めるようになったけれど
 まだ初歩段階で躓きを感じる)
・わかる成語を増やす

今漠然と感じる不安・自信のなさは、インプットの量が少ないから、
アウトプットできる量も限られることから来てるかなと・・・。

大量にインプットして、それを繰り返し脳に印象付けるやり方は
既に広東語で経験済みであり確証があるので
やはり書き言葉に関しても「量」が必要と感じています。

量を叩き込めばいいだけではなく、でも叩き込むことで
それが折に触れ印象深くなったり、あるところとあるところがつながったり
・・・何と言ったら良いのか、勝手に脳があるタイミングで
広東語の領域を整理してくれるように思う瞬間が出てくるのです。

まだ頻繁に出てきてないけど・・・(笑)

あとは、今後もある意味「見切り発車」的な、
「勉強しつつ可能なトライアル受験」を続け
既に登録できた会社から仕事依頼が来たら、
可能な限り受ける。そう決めました。

・・・ということで、
今日の朝バインダーとルーズリーフノートを買ってきたので、
子供が家にいる春休み期間の「飯炊きおばば」をちゃちゃっと終わらせ
さっそく勉強開始です!

広東語の総復習も手薄になっているのでそれも!!
あぁ、時間が飛ぶように過ぎてしまうけど、
好きなことを思い切り出来るなんていつまで続くかわからないから
やっぱり「今」やるしかないです。

[PR]
by chintau | 2017-03-29 12:27 | Comments(0)
line

中医学養生・広東語学習・香港旅を綴っています。


by chintau
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー