中医学と広東語の日々

chintau.exblog.jp ブログトップ

車公廟へ

016.gif 来月4日の「香港スイーツ茶話会」まだまだお席がございます。
016.gif
 サロンホームページを更新し、来月のご予約受付を開始いたしました。 

072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif

今回の滞在時間は帰りの空港も含めて11時間ほど。
それでもどうしても、どーーしても行きたかったんだもんw

結果は、一度は経験してよかった。でも次は少なくとも1泊はしたいデス。

「何をしたい?」と考えての最短で、7:00から開いている「車公廟」へ
まず行くことにしました。

今年1月に初めて行くことができていて(関連記事はコチラ
今のところ今回を逃すと早くても5月にならないと、香港には行けなさそうなので、
再訪のタイミング的にはちょっと早めかもなぁとは思ったのですが、行ける時にね。

それに街中も好きだけど、「新界」のあの空が広くてゆったりした場所がとても好き
というのもありました。思い切り深呼吸したくなるのよね~~。

空港から始発のAEL(エアポートエクスプレス)に乗り「青衣」へ。

そこから、「荔景」→「太子」→「九龍塘」→「大圍」→「車公廟」
ほぼ1駅ずつとかで乗り換えだったので、面倒・・・なはずがホームを歩くのも
電車に乗るのも、香港というだけで嬉しいが先でしたw
b0339133_11325531.jpg

だんだん夜が明けてきました
b0339133_11331372.jpg

到着後は、入口脇でまず風車を選びました。
私は「財運亨通」と「合家平安」の文字が入っているいちばん小さいサイズのものを。
財運UPで家族がみんな心身ともに平安が今の私の望み。

お線香のセット(神様にお供えする紙の束・香油・太いお線香・細いお線香)と共にお支払
(合計HK$200くらい)を済ませました。

そこから、HK$20のお布施を渡して順番にお線香をお供えし、
最後の太鼓を3回たたくところまで何とか終わりました。

※参考書は、楊さちこ先生の著書「72時間で自分を変える旅 香港」幻冬舎 です。
b0339133_11333141.jpg

本来「風車」は、家まで手で持って帰るそうなのですが、
一応細長い棒状なので、万が一出国時に没収になってしまったら悲し過ぎます。
不本意ながら念のため預入荷物へ。

駅構内でもらった「頭條日報」を丸めてなるべく風車の形を保てるように間に詰めた後
日本から持参した緩衝用のプチプチでくるんで、さらに風車の面に
ふかふかのジャケット(日本より暖かくて帰国時まで不要だったので)が当たるように
パッキングしました。

ちょっと風車の向きを治すだけで、4つともしっかり回っています。
よかった。ほーーっ・・・。
b0339133_11334899.jpg

そこから、次の目的地「油麻地」と「佐敦」の間にある廣東道へ。

次回に続きます。



ブログランキングに参加しています。

ぽちっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


☆薬膳レッスン・漢方セラピーは、
中医学サロン Linfa蓮花 http://www.cyuigaku-linfa.com へ。


[PR]
by chintau | 2016-11-25 13:35 | 香港2016.11 | Comments(2)
Commented by hongkonggaffe at 2016-11-30 14:27
車公廟への行き方、なるほど空港から直にだったら、青衣をスタートしてそんなふうに乗り換えて行けちゃうんですね。
早朝一番の清らかな空気の中で廟へ向かえるなんて、なんだかとても自然というかしっくりくる行き方というか…。同時に、そう言う時間帯の新界の様子って、覗いた事が無いなぁと羨ましく感じます。
風車をこんなふうに慎重にパッケージして大切に大切に持ち帰る…そのお気持ち、すっごく分かります。そして自宅に帰りついた時にちゃんと無事でいてくれた時の歓び。うんうん、です(笑)。
Commented by chintau at 2016-12-01 09:42
> hongkonggaffeさん
うんうん、と頷いて頂けて嬉しいです。
今回は行きたいところが開く時間優先で動いてみましたゆえ、空港から廟へ直行(笑)
あいにく雨降りだったので、空は雨雲いっぱいだったのですが、それでも空が広くて空気が美味しい新界はいいなぁ、もし仮に香港に住めるとしたら即答で新界です。残念ながら街歩きはしていないですが、「車公廟」駅付近、機会を見つけて散策したら楽しそうでした。
line

中医学養生・広東語学習・香港旅を綴っています。


by chintau
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30